トレーニング前の食事は軽めに、トレーニング後は脂質や過剰なタンパク質・炭水化物の摂取は控えましょう。

トレーニング前後の食事

 

トレーニングの効果を高めるには前後の食事が大切です。
ダイエット目的なら食事量は少なくした方がいいと勘違いする方がいますが、運動前後に適切な栄養補給をすることで効率を良くできます

 

パーソナルジムBeeでは専門知識を持ったトレーナーが適切なアドバイスをしてくれるので、食事前後の栄養補給方法についても相談するようにしましょう。

 

 

トレーニング前の食事

 

トレーニング前には適度な糖質とアミノ酸を摂取することが望ましいです。
お腹が空いていると力が入らず筋トレに精が出ない問題がありますが、自力トレーニングとは違ってマンツーマンのパーソナルトレーニングはトレーニング量が減るリスクを回避できます。

 

ただし、栄養が不足している中で無理をすると低血糖の症状を起こしやすいので注意しましょう。
特に低血圧の体質や低血糖になった経験がある方は、食事前にしっかり糖質補給することをおすすめします。

 

トレーニング後にプロテインを飲む男性

Beeは夜9時まで営業しているので、仕事が終わって夕食を済ませてからトレーニングをする方もいますが、なるべく夕食後の利用は控えた方がいいです。

 

夕食後に利用する際は、トレーニングを受けた後にプロテインやサプリメントで必要な栄養を補うようにしましょう。

 

昼休みに利用する際は、朝食をしっかり食べたり、ゼリータイプの栄養補助食品だけでも摂取してからトレーニングを受けるとよいでしょう。

 

トレーニングする30分以内など直前に適度な栄養補給をすることが望ましいですが、お腹が膨らみすぎている状態だと加圧トレーニング後の有酸素運動に悪い影響が出ます。
トレーニング前の食事は軽めにすることと、吸収効率の良さを重視しましょう。

 

 

トレーニング後の食事

 

トレーニング直後は栄養を吸収しやすい状態なので、適切な栄養補給をすることで筋肉が付きやすくなります
優先して摂取すべき栄養素はたんぱく質、炭水化物、アミノ酸、ミネラルです。吸収効率が良い食事を心がけましょう。

 

運動後60分以内に食事をするのが理想で、通勤などの都合ですぐに夕飯を摂れない時はプロテインやサプリメントの活用をおすすめします。
また、夜にトレーニングを受ける場合は、夕食前のトレーニングを心がければ多少時間が空いても問題ありません。

 

トレーニング後は栄養吸収効率が良いほか、血流が良くなっているためオプションのエステを受けることもおすすめです。
美肌に興味がある方は、直後の食事よりもエステの施術を受けることを優先させてください。

 

ちなみにトレーニング後は何でも良いから食事をすれば良いワケではありません。
身体が栄養吸収しやすい状態なので脂質や過剰なタンパク質・炭水化物の摂取は控えるようにしてください。

 

トレーニング後に食べるとよい鶏のササミ

油料理やお酒、お菓子もNGです。トレーニング後に悪い食事を取ると太ったり腕や足、お腹などの気になる部位が太くなりやすいので注意しましょう。

 

おすすめメニューは具入りのおにぎり、野菜入りサンドイッチ、そば・うどん、鳥のササミなどです。

 

他に食べたい食事があれば、トレーナーや有料オプションによる管理栄養士へ相談してみてください。

 

Beeの食事制限について

ページの先頭へ戻る